タイムレコーダーの選び方について - 勤怠管理システムの活用

タイムレコーダーの選び方について

勤怠管理にタイムカードを利用している企業は少なくありませんが、職場の希望に応じてタイムレコーダーについてはしっかりと選び分ける必要があると考えられます。

最も安いモデルでは単純にカードに時刻を打刻することができるだけの機能の場合が少なくありません。
このような仕組みで十分と言う職場であれば問題ありませんが、勤務時間の合計など様々な計算を行う必要があるのであればより上位のタイムレコーダーのモデルを選択した方が業務量を軽減することができる場合があります。

そのためどのようなニーズがあり、その問題を解決することができるタイムレコーダーなのであるかどうかについてはしっかりと確認をすることが推奨されます。

またタイムカードのシステムは初期費用が安いのが特徴であり、その辺を魅力に感じて導入している企業が少なくありません。
上位のモデルになるとレコーダー本体の導入コストこそ高くなるものの、専用のタイムカードのコストについてはそれほど大きな違いにはなりません。



タイムカード情報を集約して管理しなければならない立場の職員の負担を最低限にとどめるための工夫を盛り込んだリコーダーを選択することにより、生産性向上に大きく寄与することができます。

朝日新聞デジタル情報が手に入ります。

そのような特徴持っている勤怠管理のツールであると言う考え方を持ち、適切な機種選定を行うようにするのが良いでしょう。
上位モデルではパソコンにデータを飛ばすことができるような機能を持つなど、どれでも同じと言う事は無いのです。